« 三びきのやぎのがらがらどん/ぼちぼちいこか | トップページ | 忍者あそび修行 響~HIBIKI~ 当日! »

2012.03.26

はこ/BOXES ~じいちゃんのオルゴール~

 はこ/BOXES ~じいちゃんのオルゴール♪~

今回はデフ・パペットシアター・ひとみによる
時代の流れと共に変わりゆく生活と家族の絆を描いた人形劇作品
「はこ/BOXES~じいちゃんのオルゴール~」(1/14)の感想をご紹介します!


■人形が生きているみたいな 動き方ですごかった(10才・女子)

■心のないはずのお人形の気持ちが伝わってきて楽しいお話でした。
 また、お話見させてください。ありがとうございました。(10才・女子)

■昭和~平成にかけての変かなどが、とてもよくわかりました。
 げきはとてもおもしろかったです。また見たいです。(11才・女子)

■声をださない劇で、人形の表情もないのに、物語が出来るってすごいなぁと思いました。
 それに、人形の表情ではなく、人形をあやつる人の表情が、人形の表情のようで、そこにも感心しました。
 また、いろいろな箱を使って、日本の昭和から平成(現在)をいつもとは、ちがった表現方法で、
 表わされていたので、逆に分かりやすく、とてもおもしろかったです。(中1・女子)

■シンプルだけど温かな色合いの舞台。どこか愛おしいキャラクター(人形)達…。
 無機質なのに温かく感じるのがとっても不思議な作品でした。
 (それもきっとおじいちゃんの人柄から出ているのかな?)
 四角で表す家電はもちろんですが、過去から未来になるにつれ、
 生の楽器から機械音に変わったところが印象的でした。
 たった一つの“はこ”が繋ぐ家族の物語…まさに昨年の一文字“絆”がテーマで、
 心に深く響くものがありました。(大人・女性)

■箱物とデジタル化、電子音にうばわれていった人間らしさのイメージがあの
 役者たちの 人民解放軍のような衣装だったのでしょうか.なかなか楽しめました。(大人・男性)

いつもの人形劇と一味違い、台詞が全くなかった事で、一見物語を分かり辛くしそうですが
それが逆に人形たちの感情をより感じ取ろうと真剣になって観る事に繋がったようで、
会場は始終、舞台に一点集中していて、いつも以上に静かでした…!
昭和を知らない、物が充実しているのが当たり前の中で生きている子ども達にとって
今回の作品はとても新鮮だったのではないでしょうかshine

|

« 三びきのやぎのがらがらどん/ぼちぼちいこか | トップページ | 忍者あそび修行 響~HIBIKI~ 当日! »

「最新ニュース!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522069/44642852

この記事へのトラックバック一覧です: はこ/BOXES ~じいちゃんのオルゴール~:

« 三びきのやぎのがらがらどん/ぼちぼちいこか | トップページ | 忍者あそび修行 響~HIBIKI~ 当日! »