« 今夏も・・流しそうめん・・だホイ! | トップページ | 図書館まつりで『がらがらどん』を楽しもう♪ »

2017.09.01

次回は・・賢治とゴーシュ、二人のデクノボーの物語

7月の例会延期は残念でしたが、12月の例会まで待てない・・の声をうけて、急遽もう1作品・・気になっていた舞台無伴奏奏鳴曲2016 宮沢賢治の夢のかけら(ポカラの会)をみなさんと一緒に楽しみたいと思います。

5
日時 :2017年 10月9日(月・祝)
     18時30分開演 (18時開場)
会場 :多世代ふれあいセンター(旧シルバーふれあいセンター)2Fホール
★うべ★子ども21会員無料
☆一般チケット 2500円(4年生~大人)(当日500円増)
☆小学3年生以下入場不可☆託児あり・要予約9/29〆切(1人300円)
問い合わせ/チケット取扱い・・うべ★子ども21(21-9114)
1
おれはなじょしたら 人様の役にたつことができる・・・
賢治の8年間とゴーシュの7日間
二人のデクノボーを描く異色の舞台
ものがたり
男が稽古場でチェロを練習している。男は宮沢賢治の芝居を上演したいと思っている。賢治は死の直前まで、手紙の下書きの裏に「セロ弾きのゴーシュ」の書き直しを続けていた。男はその手紙を手がかりに賢治の理想と挫折の日々を演じはじめる。
3_2
◇『無伴奏デクノボー奏鳴曲』は、「セロ弾きのゴーシュ」を題材に宮沢賢治を芝居にしたいと思っている役者が、稽古場に突然あらわれた女を相手役に、現在と100年前をいったりきたりしながら賢治の青春とその時代を演じていきます。
◇”ポカラの会”は2015年に活動を始めたばかりの劇団で、役者のふたりは50代・60代の「若手のベテラン」です。代表の松本英司氏は人形劇団むすび座の『父と暮せば』『ピノキオ』『西遊記』『石の馬』などでお会いしました。
4
いろいろな世代の方たちに一緒に演劇を観てもらいたいという想いでこの作品をつくりました。ご来場お待ちしています。

|

« 今夏も・・流しそうめん・・だホイ! | トップページ | 図書館まつりで『がらがらどん』を楽しもう♪ »

「舞台鑑賞」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522069/71585038

この記事へのトラックバック一覧です: 次回は・・賢治とゴーシュ、二人のデクノボーの物語:

« 今夏も・・流しそうめん・・だホイ! | トップページ | 図書館まつりで『がらがらどん』を楽しもう♪ »